メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外首相、緊急事態宣言へ 新型コロナ

日航機墜落事故から34年 御巣鷹で慰霊登山始まる

御巣鷹の尾根にある「昇魂之碑」の前で慰霊の意を込めたシャボン玉を飛ばす子どもたち=群馬県上野村で2019年8月12日午前10時34分、滝川大貴撮影

 1985年8月に日航ジャンボ機が墜落し乗員・乗客520人が犠牲になった事故から34年を迎えた12日、墜落現場の群馬県上野村「御巣鷹(おすたか)の尾根」で、早朝から犠牲者の遺族らによる慰霊登山が始まった。

 標高1539メートルの尾根付近や、途中の急斜面には犠牲者の名前が記された銘標が点在する。遺族ら…

この記事は有料記事です。

残り198文字(全文348文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

  2. 岐阜市のナイトクラブ関連の感染者18人に 客の精神科医の0歳娘も

  3. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  4. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  5. 新型コロナ 国内死者100人超え 感染者数は4560人に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです