メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

ご当地萌えキャラで静岡市をPR 「中の人」の願いは

ブログや動画が人気の女性キャラクター「葵桜玖耶」=「中の人」提供

[PR]

 コンピューターグラフィックス(CG)の女性キャラクター「葵桜玖耶(さくや)」が静岡市をPRするブログや動画が人気を集めている。「ご当地萌(も)えキャラ」としてグルメや穴場スポットを紹介。ブログの月間閲覧数は13万件に上る。ブログや動画を制作する「中の人」は「地元のお薦めの場所をいろいろな人に知ってもらい、訪れてほしい」と願う。【池田由莉矢】

 葵桜玖耶は1996年、同市清水区生まれ。桜や祭り、日本文化にひときわ興味を抱くという設定だ。「中の人」は「あくまで葵桜玖耶が情報を発信している」として、清水区出身であること以外、名前や年齢、性別を公表していない。

 葵桜玖耶が活動を始めたのは2014年8月。「情報がない場所に人は来ない。地元の良いところを発信し盛り上げたい」。そんな「中の人」の思いから誕生した。最初はツイッターでグルメの写真を投稿した。17年10月にはブログを開設。学生にもお手ごろな店を中心に紹介している。

 ブログは「中の人」が飲食店に足を運び、料理の写真にコメントを付け発信している。ワンコインランチ紹介記事は特に人気で、他のサイトより多く読まれている。「中の人」は「他のサイトの情報を寄せ集め、全国チェーン店まで紹介するサイトもネットにはある。地元の自分がちゃんと取材して発信すれば、興味を持つ人は増えるはず」と話す。

 昨年10月からは、動画配信サイト「ユーチューブ」に葵桜玖耶の動画投稿を開始。「ユーチューバー」ならぬ、「バーチャルユーチューバー(Vチューバー)」に活動の幅を広げた。「中の人」は「ブログとは別のファンを獲得できる。地元の魅力を知ってもらう間口を広げられる」と説明する。今年5月には、地元の魅力を伝える「ご当地Vチューバー」に興味がある人が情報交換できるチャットも始めた。

 葵桜玖耶は、「みなと町でも桜は咲くら」(https://www.sakuyaoi.com/)で見られる。「中の人」は「『このお店や場所が好き』と地元の人が発信すれば、そこを訪れる人が増える。発信する人がもっと増えれば」と話す。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水質は最悪の「レベル4」 パラトライアスロンW杯スイム中止

  2. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  3. 「世間に疲れた」 秋葉原事件にも共感 孤立深めた京アニ放火容疑者

  4. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  5. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです