メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

色落ちノリで食品開発  世界初「乳酸菌発酵」に成功

色落ちノリを乳酸菌発酵させた液=佐賀県庁で2019年8月7日午後0時10分、池田美欧撮影

 近年、養殖ノリの色が薄くなり商品価値が下がる「色落ち」被害が多発していることから、色落ちしたノリを活用した商品を開発することで漁業者の生活の安定につなげる研究が進められている。1月にはSW海藻研究所(千葉県)が色落ちノリの乳酸菌発酵に世界で初めて成功し、来年をめどに乳酸菌発酵液をドレッシングや飲料などに加えた機能性食品として販売する。【池田美欧】

 昨年秋に佐賀県有明海漁協から食品の研究開発をする「オフィス・タカハシ」(吉野ケ里町)に色落ちノリを…

この記事は有料記事です。

残り460文字(全文685文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. ことば 軍事情報包括保護協定(GSOMIA)

  4. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  5. 米政府、異例の「失望」声明 韓国GSOMIA破棄に改善促す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです