メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
舞台裏へようこそ

劇団四季衣装担当・重枝肖美 高度なダンス支え、補修は瞬時に

舞台裏で衣装を選ぶ、劇団四季衣装スタッフの重枝肖美=横浜市中区で、宮武祐希撮影

 劇団四季の新作ミュージカル「パリのアメリカ人」(パリアメ)は、ガーシュウィン兄弟の名曲で彩られたロマンチックな物語。難易度の高いステップや男性が女性の体を持ち上げるリフトが豊富に組み込まれたバレエの場面がみどころで、登場人物の心情がダンスを通じてこまやかに表現されている。ダンスがより美しく見えるようさまざまな工夫をこらし、舞台を引き立てているのが、衣装担当の重枝肖美(あゆみ)だ。

 3~8月に横浜で上演された「パリアメ」。重枝は会場のKAAT神奈川芸術劇場(横浜市中区)に張り付い…

この記事は有料記事です。

残り1504文字(全文1746文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  2. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  3. 衝突した車運転の男をひき逃げ容疑などで逮捕 栃木・鹿沼炎上事故2人死亡

  4. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  5. フィリピンで慰安婦像が「不明」に 台座だけ公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです