メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

オルケスタ・デ・ラ・ルス サルサ好きに感謝 結成35周年記念アルバム

 日本が世界に誇るサルサバンド「オルケスタ・デ・ラ・ルス」が結成35周年を迎え、10年ぶりのアルバム「グラシアス・サルセーロス」(キング)を発表、各地で記念ライブを開催している。

     ■  ■

 デ・ラ・ルスは「光の楽団」の意のスペイン語。1984年に結成し、89年にはアメリカのサルサ音楽祭に出演。90年にメジャーデビューすると、米ビルボード誌で11週連続1位を獲得、一躍世界レベルのバンドと認められる。以後、南米、欧州まで活動の場を広げるが、97年、メンバーのソロ活動を尊重して解散した。だが、2002年、米同時多発テロ事件のチャリティーコンサートのために、ボーカルNORAが再始動。そのままの復活が熱望され、再活動を続けることになった。

 サルサは、カリブ海諸国から米国に広まったラテン音楽の一種。キューバの大衆音楽「ソン」を原形に、「ク…

この記事は有料記事です。

残り619文字(全文991文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  4. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  5. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです