劇団青年座

大企業の倫理問う「DNA」 16日から上演

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 劇団青年座が16日から、組織存続のために不正を続ける大企業の倫理と、子供がいない夫婦の心模様をからめながら、「次世代につなぐ」ことの意味を問う「DNA」を、シアタートラム(東京都世田谷区)で上演する。

 大手企業に勤めながら、脚本家・演出家でもある中村ノブアキの書き下ろし。昨年まで新国立劇場演劇部門芸術監督を務めた宮田慶子が、所属する青年…

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文427文字)

あわせて読みたい

ニュース特集