メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スポーツクライミング

世界選手権 連覇へ原田、成長の証し

ボルダリング男子予選で、完登して拳を握る原田

 2020年東京五輪の切符が懸かるスポーツクライミングの世界選手権第2日は12日、東京都八王子市のエスフォルタアリーナ八王子でボルダリング男子予選が行われ、日本勢は2連覇の懸かる原田海(日新火災)ら7人全員が予選を突破した。13日の準決勝は20人で争われ、6人が同日の決勝に進む。

 緒方良行(神奈川大)は5課題のうち四つを登り切り、アダム・オンドラ(チェコ)とともに首位で通過。このほか、26歳の藤井快(TEAM au)は3位、2大会ぶりの優勝を狙う楢崎智亜(同)が5位と順調な滑り出しを見せた。

この記事は有料記事です。

残り500文字(全文748文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  2. クマに襲われ男性2人重傷 猟友会員らがクマ射殺 新潟・魚沼

  3. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  4. ネカフェ生活6年の男性に重い2% また路上生活か…とかすむ夢

  5. 渓流釣り中 クマ襲撃、空手高段者 目つぶしで撃退 群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです