メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第71回毎日書道展関西展

新時代の風、力強く あす開幕 マイドームおおさか

 日本最大の公募書道展「第71回毎日書道展関西展」が14~18日、大阪市中央区のマイドームおおさかで開かれる。近畿2府4県在住作家の入賞、入選作や同展の役員の作品など2450点を展示する、新時代初の関西展。会場には墨と紙と筆が織りなす深遠な世界が広がり、作家の生きざまを記した力作が心にしみる。また、書に触れてもらうため、席上揮毫(きごう)会や作品解説会など多彩な催しが行われる。

 令和初となる毎日書道展関西展は今年で大阪開催3年目となり、浪速の夏の一大書展として親しまれております。今年も漢字、かな、近代詩文書、大字書、篆刻(てんこく)、刻字、前衛書の7部門で2450点の力作がそろいました。作家が精魂を傾けて仕上げた作品に触れていただければ幸いです。

 線の剛柔、文字の配置、墨の濃淡。作家の個性に満ち満ちた書の前に立つと、幽玄の世界に導かれます。伝統と革新の気概にあふれた作品は時代を超え、受け継がれていくと確信しております。

この記事は有料記事です。

残り599文字(全文1014文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿区、困窮者に退出促す ホテル滞在、東京都の延長知らせず

  2. 「どんな思いで亡くなられたのか」めぐみさんの同級生、声を詰まらせ 横田滋さん死去

  3. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  4. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  5. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです