メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

写真展

命の尊さ伝えたい 鹿児島8・6水害体験の市職員企画、二つの被災地つなぐ 東日本大震災で姉亡くした12歳の作品展示

姉愛梨さんの遺影の前に弁当やお菓子を広げて撮った作品。タイトルは「おなかいっぱい」=主催者提供

 1993年に鹿児島市を中心に48人が犠牲になった「8・6水害」で子供2人の死を目の当たりにした同市職員、山内博之さん(42)が企画する写真展が13日、同市で始まった。展示しているのは、宮城県石巻市の12歳の少女が東日本大震災で亡くなった姉を思って撮った遺品や風景の写真。山内さんは災害で奪われた小さな命を重ね「災禍を繰り返さないために家族で話すきっかけにしてほしい」と願う。【菅野蘭】

 8・6水害では、鹿児島市中心部の甲突(こうつき)川などが氾濫し、市街一帯が冠水。至る所で土砂崩れや…

この記事は有料記事です。

残り712文字(全文955文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 池袋ホテル女性遺体 埼玉の20代男子大学生を逮捕へ

  4. 女性遺体、窒息死か 殺人容疑で捜査 ホテルの部屋、男が出入り 東京・池袋

  5. 死因は窒息死 両足首がビニールひもで縛られる 池袋・ホテル女性遺体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです