デモ隊座り込み再開 警察と衝突で負傷者か 香港国際空港、出発便が運航停止に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

香港の「逃亡犯条例」改正問題を巡る若者らの抗議活動の影響で、香港国際空港は13日も混乱が続いた。警察によるデモ隊の強制排除などに抗議する市民ら数千人が空港内で座り込んだため、空港は同日夕刻、出発全便の運航中止を発表。同日深夜、空港内に入った警官隊とデモ隊の一部が衝突した。市民の一部に拘束者と負傷者が出た模様だ。

 空港では到着便の運航は続いたものの、13日深夜の時点で出発便再開のめどは立っていない。若者らは香港政府の前向きな対応がない限り、空港での抗議行動を続ける意思を示しており、国際金融都市・香港にとって不可欠な空運の混乱は当面続く可能性がある。アジア有数のハブ空港が機能不全になったことで、中国政府は抗議行動への批判を強めている。

この記事は有料記事です。

残り485文字(全文804文字)

あわせて読みたい

ニュース特集