メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

植民地被害者の救済議論 韓国国会 国内措置優先、外交柔軟にとの狙い

毎日新聞のインタビューに応じる姜昌一・韓日議員連盟会長=ソウル市内の国会議員会館で2019年5月24日、渋江千春撮影

 元徴用工問題を巡る日韓間の葛藤が長引く中、韓国国会の与野党重鎮から、植民地時代の人権侵害について真相究明や被害者救済を国内措置として模索する複数の提案が飛び交い始めた。いずれも徴用工訴訟で昨年10月に韓国最高裁判決が命じた日本企業の賠償責任を肩代わりする解決案ではないが、韓国国内措置によって被害者感情を和らげる狙いがある。 【ソウル堀山明子】

この記事は有料記事です。

残り871文字(全文1044文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡の女子高で猿捕獲 17日から目撃情報

  2. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

  3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  4. 河野外相“フェイクニュース”に不快感 日韓会談前、記者に「キヤノン? ニコン?」

  5. 日本一の超高層ビル建設、森ビルが計画発表 2023年に330メートル

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです