メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

超大型の台風10号、14日に西日本上陸も 13日から大しけ警戒

気象庁が入るビル=高添博之撮影

 超大型の台風10号は、13日午前3時には日本の南にあり、時速約15キロで北西に進んでいる。14日から15日にかけて、暴風域を伴って強い勢力で西日本に接近、上陸する恐れがある。13日から、西日本から東日本の太平洋側では大しけとなり、14日からは猛烈な風、猛烈なしけとなる所がある。気象庁は、暴風や高波、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫への厳重な警戒を呼びかけている。

 台風は、13日は日本の南を発達しながら北西へ進んで強い勢力となり、その後は進路を北寄りに変える見込…

この記事は有料記事です。

残り355文字(全文593文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 池袋ホテル女性遺体 埼玉の20代男子大学生を逮捕へ

  4. 女性遺体、窒息死か 殺人容疑で捜査 ホテルの部屋、男が出入り 東京・池袋

  5. 死因は窒息死 両足首がビニールひもで縛られる 池袋・ホテル女性遺体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです