メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「戦病死の友が守ってくれた」105歳元日本兵つづり、語る不戦の誓い

戦争体験の講演会で不戦を訴える河原井卓さん(左)と長男の忠男さん=茨城県小美玉市で2019年8月10日午後1時48分、田倉直彦撮影

 太平洋戦争でマレー半島に送られた水戸市の河原井卓さん(105)は、70歳を過ぎてから戦争体験を伝え始め、4冊目の著書を今年、自費出版した。今も脳裏から離れないのは、戦地で赤痢にかかり、食料も薬もない中で逝った友人の「君の恩は死んでも忘れないよ」という看病への感謝の言葉。河原井さんは「人が獣のように殺し合い、惨めに死んでいくのが戦争。二度と繰り返してはいけない」と訴える。

 水戸で農業をしていた河原井さんは、1941年9月、補充兵として召集された。22歳の妻を置いての出征…

この記事は有料記事です。

残り939文字(全文1176文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐」の相葉雅紀さん 義援金6000万円、千葉県庁で目録手渡す

  2. 「台風接近で焦っていた」 スピード違反容疑で検挙の高知市長が釈明

  3. ORICON NEWS 嵐・松本潤、グループ命名秘話に20年越しで驚き「まじかよ!って」

  4. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  5. 「日本側の方が多様性と冷静さを失ってきている」 青木理氏と嫌韓の空気を考える

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです