メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

京アニ事件目撃「再起願う」バス運転手、体調不良乗り越え復帰 献花台へ

献花台を訪れ、犠牲者の冥福を祈る中出功一さん。自身が受けた精神的ショックも大きかった=京都市伏見区で2019年8月9日午前9時8分、斎藤文太郎撮影

 京都市伏見区の「京都アニメーション」第1スタジオで起きた放火殺人事件を、隣接するバスの停車場から目撃したバス運転手、中出功一さん(51)=京都府城陽市=が毎日新聞の取材に応じた。現場の悲惨さと被害の大きさにショックを受け、体調を崩した。3週間あまりたって献花台を訪れ、「京アニは地元に元気を与えてくれていた。再起を願い続けたい」と語った。

 先月18日午前10時半前。中出さんが運転する路線バスはスタジオ最寄りの京阪電鉄六地蔵駅で客を降ろし…

この記事は有料記事です。

残り714文字(全文934文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 半導体材料輸出規制 動き鈍い韓国 日本の「本気度」を突き付ける

  3. 対韓輸出規制 半導体「3カ月限界」 日本の規制強化で 朝鮮日報報道

  4. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  5. 首相「WTOに反しない。徴用工は歴史問題ではない」 対韓輸出規制で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです