メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

星の尾に願い託し 夏の夜彩るペルセウス座流星群

兵庫県立大西はりま天文台の上空で見られたペルセウス座流星群の流れ星(約5秒間露光)=兵庫県佐用町で2019年8月13日午前4時5分、平川義之撮影

 3大流星群の一つ、ペルセウス座流星群が12日夜~13日未明に見ごろを迎えた。今年は15日の満月が近く、観測条件は悪かったが、兵庫県立大西はりま天文台(同県佐用町)では、月が沈んだ未明から明け方前にかけて夜空に尾を引く流れ星が多数見られた。

 ペルセウス座流星群は、太陽の周りを約130年周期で回るスイ…

この記事は有料記事です。

残り117文字(全文267文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです