メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
【おわび】各お申し込みフォームが不具合のため停止しています。しばらくお待ちください

百日ぜき患者1万人超える 早めの受診呼び掛け

[PR]

 乳児が感染すると死亡する恐れもある百日ぜきの患者が増え続けている。国立感染症研究所が13日、4日までの1週間に新たに231人の患者が報告され、今年の累積報告数は1万110人に達したと発表した。成人がかかった場合は風邪などと見分けることが難しく、感染を広げる可能性もあるため、早めの受診が大切だ。

 感染研によると、都道府県別の累積報告数は、東京885人▽福岡652人▽千葉628人▽鹿児島594人▽大阪555人――などが多かった。

 百日ぜきは百日ぜき菌によって起きる急性の気道感染症で、せきやくしゃみで感染する。咳発作に加え、息を吸う時に笛のような「ヒュー」という音がなるのが特徴。発作時に嘔吐(おうと)を伴うこともある。特に生後6カ月未満の乳児が発症すると呼吸困難になるなど重症化する危険性が高い。ワクチンは定期接種の対象となっており、予防のためにはワクチン接種が重要だ。

 百日ぜきは2017年までは約3000の小児科医療機関からの定点報告対象だったが、18年からは成人を含む発生動向を正確に把握するため、すべての医師が報告する全数報告対象となった。昨年は1万1190人(暫定値)が報告され、うち23%が20歳以上の患者だった。【金秀蓮】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  3. 県内最高齢 112歳、内山さんが死去 長崎市 /長崎

  4. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  5. 「和牛」実は交雑種…兵庫の焼肉店 卸元が偽装か、告訴検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです