メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

広島、長崎、沖縄を悼む天皇陛下 初の戦没者追悼式でのおことばの重み

平和祈念公園内の平和の礎を訪問された皇太子ご夫妻時代の天皇、皇后両陛下=沖縄県糸満市の平和祈念公園で1997年7月15日、野村雄二撮影

 「終戦の日」の15日、天皇陛下は日本武道館(東京都千代田区)で開かれる政府主催の全国戦没者追悼式に初めて出席される。陛下は即位前から折に触れ平和への思いを明らかにし、遺族らとの懇談などを通じて戦争の傷痕と向き合ってきた。戦後生まれの陛下による式典でのおことばにも注目が集まる。

「陛下は原爆に強い関心」

 「広島、長崎、沖縄を訪れ、多くの方々の苦難を心に刻んできました」。戦後70年の2015年、陛下は誕生日に伴う記者会見でこう述べた。幼い頃から上皇ご夫妻から戦時中の話を聞き、広島や長崎、沖縄などで犠牲者を追悼してきた。

 皇太子時代の1992年、献血関連の行事で広島を訪れた際に広島赤十字・原爆病院を慰問した。被爆入院患…

この記事は有料記事です。

残り865文字(全文1175文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 炎上事故2人死亡 衝突した車運転の男をひき逃げ容疑などで逮捕 栃木・鹿沼

  2. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  3. ASKAさん 封印していた「チャゲアス、19年前のソウルコンサート」 今DVD化する理由を語る

  4. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  5. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです