ヒグマ襲撃の恐れも 札幌市が墓参自粛の呼びかけ 看板も設置 出没が相次ぐ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 札幌市は13日、お供えものなどを狙うヒグマに襲撃される恐れがあるとして、同市南区にある墓地への墓参りを自粛するよう異例の呼びかけを市民に行い、看板も設置した。墓地周辺の住宅街で8月に入り、成獣のヒグマが連日現れ、人の生活時間帯にも滞在するようになったため。市は2016年度策定の「さっぽろヒグマ基本計画」で危険度(4段階)が2番目に高い「段階2」に当たると初めて判断し、猟銃による駆除も容認した。

 市によると、札幌のヒグマの目撃は4月から今月12日までに158件と、昨年度の137件をすでに超えた。このうち南区が9割以上を占めており、今月2日以降、同区の簾舞(みすまい)と藤野両地区で夜間から未明にかけて出没が相次いだ。

この記事は有料記事です。

残り399文字(全文710文字)

あわせて読みたい

注目の特集