メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒグマ襲撃の恐れも 札幌市が墓参自粛の呼びかけ 看板も設置 出没が相次ぐ

 札幌市は13日、お供えものなどを狙うヒグマに襲撃される恐れがあるとして、同市南区にある墓地への墓参りを自粛するよう異例の呼びかけを市民に行い、看板も設置した。墓地周辺の住宅街で8月に入り、成獣のヒグマが連日現れ、人の生活時間帯にも滞在するようになったため。市は2016年度策定の「さっぽろヒグマ基本計画」で危険度(4段階)が2番目に高い「段階2」に当たると初めて判断し、猟銃による駆除も容認した。

 市によると、札幌のヒグマの目撃は4月から今月12日までに158件と、昨年度の137件をすでに超えた…

この記事は有料記事です。

残り461文字(全文710文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 日本悲願の8強、アジア初 スコットランド破りA組1位 世界ランキング過去最高7位に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです