連載

熱戦を終えて~監督・主将コメント

深紅の大優勝旗を目指し全国49の代表校が争う第101回全国高校野球選手権大会。勝負を分けたポイントや次を託す後輩への思いなど、各チームの監督・主将が試合後のインタビューなどで語った言葉を詳しくお伝えします。

連載一覧

熱戦を終えて~監督・主将コメント

大勝も智弁和歌山・中谷監督が感じた重圧「馬淵監督、最後まで怖さあった」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【智弁和歌山-明徳義塾】七回表智弁和歌山2死一塁、根来が右越え2点本塁打を放つ=阪神甲子園球場で2019年8月13日、森園道子撮影
【智弁和歌山-明徳義塾】七回表智弁和歌山2死一塁、根来が右越え2点本塁打を放つ=阪神甲子園球場で2019年8月13日、森園道子撮影

 第101回全国高校野球選手権大会は大会第8日の13日、第3試合で智弁和歌山(和歌山)が7-1で明徳義塾(高知)を降した。智弁和歌山の中谷仁監督は、「明徳義塾の馬淵史郎監督が向こうのベンチで立っておられるのを見ると最後まで怖さがあった」と、名将を相手にした試合の緊張感を表現した。中谷監督の主な談話は次の通り。【松室花実】

この記事は有料記事です。

残り510文字(全文672文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

次に読みたい

関連する特集・連載など

あわせて読みたい