メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

馬術テスト大会で日本選手が暑さ懸念 「競技時間前倒しを」の声が相次ぐ

東京五輪のテスト大会として実施された総合馬術・クロスカントリー=東京・海の森公園で2019年8月13日午前10時17分、倉沢仁志撮影

 来年の東京五輪の総合馬術・クロスカントリーの競技会場となる東京・海の森公園で13日、テスト大会が行われた。日本選手からは暑さによる馬の体調悪化を懸念し、五輪本番の競技開始時間を現日程の午前8時半よりも早めるように求める声が相次いだ。

 この日は競技開始の午前10時前に晴れ間がのぞいて気温が上昇。朝方に降った雨の影響もあり、会場は蒸し暑さを感じさせた。2012年ロンドン五輪代表の佐藤賢希(明松寺馬事公苑)は「(馬には)非常に厳しいコンディション。競技の時間帯を早めること…

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文592文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  2. 群馬・太田市が小学校の休校要請応じず 「登校判断は保護者の選択」

  3. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  4. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  5. 一斉休校は「科学より政治の悪い例」 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです