メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

ルーキー活躍まばゆい光 DeNA伊藤裕3本目2ラン 主力故障埋める

【ヤクルト-DeNA】三回表DeNA2死一塁、伊藤裕が中越えに2ランを放つ=神宮で2019年8月13日、共同

[PR]

○ヤクルト8―7DeNA●(13日・神宮)

 チームの危機に頼もしい新人が現れた。6試合目の出場となったDeNAの伊藤裕が、三回に早くもプロ3本目のアーチとなる2ラン。1軍の舞台に気後れすることなく持ち前の打力を発揮し、二塁の定位置を手中に収めようとしている。

     三回2死一塁。外よりの浮いた直球を見逃さなかった。フルスイングで捉えると、打球はバックスクリーン左へ。「完璧に捉えることができ、打った瞬間に入ると思った」。ベンチに戻って仲間に祝福されると、白い歯がこぼれた。

     東京・日大三高、立正大を経てドラフト2位で入団。左手を骨折した宮崎に代わって8日に1軍へ昇格した。当初は右の代打要員だったが、初の先発出場を果たした10日にいきなり2本塁打を放つと、そこから4試合連続で先発出場。「彼にとってはチャンス」というラミレス監督の期待に応えている。

     夏場を迎えて上位争いが激しくなると同時に、伊藤光、宮崎ら主力に故障離脱が相次いでいるDeNA。満身創痍(そうい)のチームにとって、ルーキーの活躍が明るい光となっている。【細谷拓海】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 福岡の女子高で猿捕獲 17日から目撃情報

    2. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

    3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

    4. 河野外相“フェイクニュース”に不快感 日韓会談前、記者に「キヤノン? ニコン?」

    5. 日本一の超高層ビル建設、森ビルが計画発表 2023年に330メートル

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです