メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ナジックニュース

外国人留学生向け求人サイト「KAKEHASHI」開設 パーソルグループと連携 

[PR]

 学生のキャリア支援を行っているナジック学生情報センターグループのナジック・アイ・サポート(本社・京都市、長町基志社長)が外国人留学生向けに特化した求人情報サイト「KAKEHASHI」(カケハシ)を開設した。総合人材サービスのパーソルグループのパーソルテンプスタッフ(本社・東京都渋谷区、和田孝雄社長)とパーソルマーケティング(本社・東京都新宿区、上園裕二社長)から求人情報などの提供を受ける。

     国内では人手不足に加え、訪日観光客の増加やオリンピック、大阪・関西万博といった世界的なイベントの開催などもあり、多言語ニーズが増えている。一方、外国人留学生は現在約30万人いるものの、日本での就職を希望しても「仕事の探し方が分からない」「日本語のレベルがまだ高くない」といった理由から、希望をかなえるのは難しいという現状がある。また、留学生でもできる仕事を掲載したサイトはあるが、「留学生しかできない」「留学生ならでは」といった視点を生かした求人を掲載しているサイトは少ない。

     そこで、留学生向けのアルバイト紹介やインターンシップのサポート、就職活動支援を行ってきたナジック・アイ・サポートが、長期留学生で日本での就職を希望する外国人留学生に特化した求人情報サイトを開設することにした。留学生が仕事を通じて成長を実感することができ、将来的には、サイト上でのコミュニティー形成を図っていく。求人情報は常時300件以上の掲載を見込んでいる。

     ナジックでは、留学生が興味を持ちやすい表現にしてサイトに掲載しており、パーソルグループの求人については、応募者からの日本語レベルなどが募集内容に合致しているかを1次選考する。その上でパーソルグループへ登録。面談を通じて適性などを確認し、職場見学を行うほか、就業後は定期的に職場へ訪問するなどして、外国人留学生のサポートをしていく。

     ナジックの担当者は「留学生の語学力に応じた仕事探しができるだけでなく、カウンセリングも随時行うことでキャリアパスに合った職場を紹介をできる。日本での就職を希望する留学生は積極的に利用してほしい」と話している。「KAKEHASHI」についての問い合わせはナジック・アイ・サポート留学生支援部(電話03・5467・0551、メール:info@kakehashi-job.net)。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

    2. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

    3. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

    4. 「うれしくて体が震えた」優勝の徳勝龍に中学時代の校長 地元・奈良

    5. 中国「感染力は強まっている」 武漢からの観光客の感染確認、4例目 新型肺炎

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです