メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

「極めて珍しい」双子のパンダ誕生、ベルギーの動物園で

 ベルギーのペリダイザ動物園は9日、ジャイアントパンダの双子の赤ちゃんが8日に誕生したと発表した。オスとメスで、双子は「極めて珍しい」という。提供写真(2019年 ロイター)

[PR]

 [ブリュッセル 9日 ロイター] - ベルギーのペリダイザ動物園は9日、ジャイアントパンダの双子の赤ちゃんが8日に誕生したと発表した。オスとメスで、双子は「極めて珍しい」という。

 双子は数時間離れて生まれ、体重は160グラムと150グラムだった。ピンク色で、まだ体毛は生えておらず、親よりもずっと小さい。世界自然保護基金(WWF)によると、母親の900分の1の大きさだという。

 母親の「ハオハオ」を休ませるため、赤ちゃんは職員が24時間体制で監視し、1頭ずつ交代で保育器に入れて人工哺乳を行う予定。

 同園の創設者であるエリック・ドム会長は声明で「双子出産は、現在も絶滅の危機にひんしているジャイアントパンダにとって素晴らしいニュースだ」と述べた。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」興行収入275億円 「タイタニック」超え、歴代2位に

  2. NTT東日本がコールド勝ちで8強進出 ヤマハは前田ソロで一矢 都市対抗

  3. 東京オリンピックチケットの払い戻し締め切り 返金、12月下旬以降に

  4. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  5. 旧優生保護法は「違憲」 原告側の賠償請求は棄却 大阪地裁判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです