メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
号外埼玉知事選、大野氏初当選 与党系候補破る
WEB CARTOP

日産ノートが首位陥落! トヨタRAV4がSUVトップの可能性! 異変の新車販売ランキングの裏に見えるものとは

情報提供:カートップ

日産ノートが首位陥落! トヨタRAV4がSUVトップの可能性! 異変の新車販売ランキングの裏に見えるものとは

トップ奪還を目指す日産ノートはお買い得になる可能性大!

 自販連(日本自動車販売業界連合会)と全軽自協(全国軽自動車協会連合会)から、2019年6月単月の販売台数統計が発表された。6月の統計数値が発表されたので、同時に2019暦年締め上半期(2019年1月~6月)の販売台数も同時に発表されている。

 上半期締めの販売台数を見ると、軽自動車に関してはホンダN-BOXが圧倒的に強く、登録車も含めた全乗用車でのランキングでもトップ。ここまではここ最近のお決まりの結果で、無風ともいえるのだが、登録車だけで上半期ランキングを見ると、かなり興味深い結果となっていた。

新車

 まずは登録車で2019暦年締め上半期販売台数ナンバー1は、トヨタ・プリウスとなった。ここのところ日産ノートが単月や半期、年間締めなどではトップを維持してきたのだが、そのノートがトップから陥落し、プリウスが2017事業年度締め年間販売台数以来でトップに返り咲いた。しかし2位ノートとの販売台数差は上半期ベースで1734台、6月単月ではわずか18台(6月単月もプリウスがトップ)と、まさにデッドヒートが展開されていることを統計数字から把握することができる。

新車

 販売ランキングについては、トヨタより日産やホンダがより強く意識する傾向が高い。国内の新車販売市場では、トヨタが圧倒的なセールスパワーを持っており、トヨタ以外のメーカーでは、“日本一売れています”や、“登録車販売ナンバー1”などという“肩書”が販売促進活動には特効薬のようなものになると考えている。クルマ離れだけでなく、クルマ自体への興味が薄れるなかでの新車販売では、性能の良さなどのアピールより、“このクルマは日本で一番売れています”といったトークのほうがはるかに有効なのである。

 そんな大切な肩書を失ったノートは、次のタイトルである2019事業年度締め上半期(2019年4月~9月)販売台数トップ奪取を狙ってくるのは必至。すでに定点観測している日産系ディーラーには、自社登録用と思われる多数の白いノートの未登録新車がストックヤードに置いてあった。これから9月まではノートは乱売必至となりそうで、かなりお買い得な1台となりそうだ。

新車

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  3. 無党派層からの支持、大野氏は6割 青島氏は3割 埼玉知事選出口調査

  4. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  5. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです