メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エボラ出血熱

有効薬か 試験で9割生存 米研究所発表

 コンゴ民主共和国(旧ザイール)東部で流行が続くエボラ出血熱について、米国立衛生研究所(NIH)は試験的に導入した2種類の治療法が有効だったと発表した。米紙ニューヨーク・タイムズ電子版は、約9割が生存したとする専門家の声を紹介。今後はこれらの治療法が推進され、流行終息に向けて明るい兆しとなりそうだ。

 同紙によると、いずれも使用される薬剤は…

この記事は有料記事です。

残り154文字(全文324文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  2. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  3. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  4. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  5. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです