メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
熱血!与良政談

れいわの動き広げるには=与良正男

 山本太郎代表率いるれいわ新選組が永田町を動かし始めている。

 重度の身体障害を持つ2人が当選し、参院本会議場などのバリアフリー化が進んだだけではない。立憲民主党の枝野幸男代表が、国民民主党と衆院で統一会派を組む案を示したのも、れいわの動きと無関係ではない。

 枝野氏はずっと「永田町の数合わせではなく、草の根の民主政治を目指す」とアピールしてきた。ところが、それが思うにまかせない間に、山本氏はたった一人で「永田町の外から動かす選挙」をやってのけたと言っていい。

 「生産性で人間の価値、測られてないですか」等々の山本氏の演説には私も正直揺さぶられた。寄付金が続々…

この記事は有料記事です。

残り655文字(全文935文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水質は最悪の「レベル4」 パラトライアスロンW杯スイム中止

  2. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  3. 時代の風 「嫌韓」とは何なのか 国益なきストレス解消=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

  4. NEWSの窓 国際 日本と韓国 関係悪化、影響広がる

  5. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです