メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

 今年も盆がやってきた。この時期には亡くなった身近な人を思い出す。今年は私の師であった廣末保氏のことを思っている。つい先日「生誕百年・廣末保の仕事」というシンポジウムを法政大で開催したからである。

 廣末保先生は近世文学にいくつも新しい視野を開いた。そのひとつが遊行(ゆぎょう)、漂泊、悪場所である。忘れられない体験がある。江戸文学に夢中になった私は初めて廣末先生の講義に出た。しかしぼうぜんとした。全くわからないのである。にもかかわらず今でも、先生が何を話していたか覚えている。遊行と漂泊についてだった。

 遊行と定住という対比が、廣末保の研究の根幹にある。私は近代との対比で近世を見ていたが、廣末先生は中…

この記事は有料記事です。

残り463文字(全文765文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. ことば 軍事情報包括保護協定(GSOMIA)

  4. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  5. 米政府、異例の「失望」声明 韓国GSOMIA破棄に改善促す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです