メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

瀬戸内国際芸術祭 隔離政策の罪、伝える ハンセン病療養所の島に作品

田島征三さんの空間展示「Nさんの人生・大島七十年」(部分)

 島全体が国立ハンセン病療養所である香川県の大島で、国策として行われた強制隔離や入所者の日常を伝えるアート作品が充実してきた。2010年から3年ごとに開催される瀬戸内国際芸術祭(瀬戸芸)の会場の一つになり、回を重ねて展示作が蓄積されているためだ。4回目の瀬戸芸開催に伴い、新たな作品が加わった大島を歩いた。

この記事は有料記事です。

残り1410文字(全文1563文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. 東京オリンピックで観客の顔認証活用へ コロナ感染防止、大会後にデータ消去

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 藤井王位、名人戦順位戦B級2組5連勝で単独トップに 村山七段を97手で降す

  5. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです