連載

フォーカス

テレビや映画、アニメなど旬のタレントの横顔を、出演作とともに紹介します。

連載一覧

フォーカス

中村倫也 ドラマ「凪のお暇」安良城ゴン役 “魔性の男”手探りで

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

ドラマ「凪のお暇」安良城ゴン役(TBS系=金曜午後10時)

 今、毎週金曜の夜にこの人が見せる「天性の人たらし」ぶりに、インターネット上では「胸がキュンとした」との書き込みが急増する。連続ドラマ「凪(なぎ)のお暇(いとま)」で、主人公の大島凪(黒木華)と同じアパートに住む、謎多き「イベントオーガナイザー」の男性、安良城(あらしろ)ゴン役を演じる。会社を辞め、周りの空気を読みすぎていた自分を脱して新しい人生を送ろうとする凪を、不思議な優しさで受け止める。漫画が原作だが、「よく見ると、そこそこヘビーなものがテーマになっている。実写で生身の人間がやると、どういう温度感になるのか楽しみだった」と言う。

 ゴンを演じる際の心境を、こう言葉にする。「謎があるというか、つかめないやつでいようというのは、一番考えている。魔力みたいな、ふわっと近寄ってしまうようなものを持っていないと」。凪は昔の恋人の我聞(がもん)慎二(高橋一生)から心が離れ、ゴンに傾いているが「見ている人も大丈夫?ってちょっと思いながらも、一緒になって漂っちゃう。そう思わせるキャラクターでないと、成立しない」。現場で手探りの日々を送る。

この記事は有料記事です。

残り361文字(全文860文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集