メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
百日ぜき

1万人超 昨年の患者数に迫る 「早めの受診と治療を」

 新生児や乳児が感染すると死亡する恐れもある百日ぜきの患者が増え続けている。4日までの1週間に新たに231人の患者が報告され、今年の累積報告数は1万110人に達したと国立感染症研究所が13日、発表した。成人がかかった場合は風邪などと見分けることが難しく、感染を広げる可能性もあるため、専門家は「早めの受診と治療が大切だ」と呼びかけている。

 感染研によると、都道府県別の累積報告数は、東京885人▽福岡652人▽千葉628人▽鹿児島594人…

この記事は有料記事です。

残り607文字(全文826文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. ことば 軍事情報包括保護協定(GSOMIA)

  4. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  5. 米政府、異例の「失望」声明 韓国GSOMIA破棄に改善促す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです