メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

 手を合わせて祈る小さな背中が目に焼きついている。沖縄戦の戦没者らの名前を刻銘する沖縄県糸満市の「平和の礎(いしじ)」で出会った新垣トミ子さん(89)。

 母、妹2人、弟2人、祖父の家族6人を米軍の空襲で亡くし、鹿児島・奄美大島沖で米潜水艦の攻撃で沈没した台中丸に乗っていたおばも帰らぬ人に。沖縄本島北部の山原(やんばる)に逃げて命を取り留めた新垣さんは県立第一高等女学校…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文463文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. ことば 軍事情報包括保護協定(GSOMIA)

  4. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  5. 米政府、異例の「失望」声明 韓国GSOMIA破棄に改善促す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです