メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
北海道ダークツーリズム紀行

/上 芦別・炭鉱遺構 繁栄の裏、戦時増産の悲劇 朝鮮人や中国人に多くの死者 /北海道

炭山川橋から望む旧三井芦別鉄道炭山川橋梁。炭鉱の繁栄をしのぶ遺構だが、労働者を基礎部分に投入する「人柱」があったとの証言も残る=北海道芦別市で

 戦争や災害、差別など悲しみの記憶を持つ土地を巡り、現地で近現代社会について考える旅「ダークツーリズム」が全国的に知られつつある。戦争体験者が高齢化するなど直接の証言者が減る中、記録や遺構など、もの言わぬ痕跡からどうすれば教訓を得ることができるのか。道内の戦跡3地域を巡った。【山下智恵】

 道央道滝川インターから車で約40分、国道452号の炭山川橋からは、芦別川にかかる旧三井芦別鉄道炭山川橋梁(きょうりょう)が見える。1945年に完成した石炭専用鉄道の鉄橋で国有形文化財だ。ディーゼル機関車が展示され、今にも動き出しそうな景観は炭鉱で栄えた芦別市の往時をしのぶシンボルだ。

 炭山川橋を挟んだ反対側、木々が生い茂る川縁の地区に、戦時中、強制連行され炭鉱労働に従事した中国人た…

この記事は有料記事です。

残り1765文字(全文2102文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 稲垣吾郎「今が一番充実してる」 目標問われ「テレビのお仕事も…」

  2. 高校野球 星稜の山瀬主将、履正社・野口との約束が実現「『決勝でやろうな』と話していた」

  3. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  4. 投打で圧倒、星稜24年ぶり決勝に名乗り 奥川10K 中京学院大中京、二塁踏めず

  5. G20会場近くに煙玉 元大阪府警巡査部長を偽計業務妨害容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです