メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
号外桃田が2連覇、男子単日本初 バドミントン世界選手権
学校自慢

成田市立本城小学校 国際交流で相互理解育む /千葉

福笑いで変な顔ができると、両校の子供たちは大笑いした

 北東約2キロに成田空港があり、空港関連の事業所で働く保護者も多く、外国籍の児童も少なくない。児童数は増加傾向にあり、今春に75人が入学、1年生は開校以来初めて3クラスになった。子どもたちに国際感覚を身につけてほしいと、独自の国際交流に取り組む。

 7月9日、来日中の台湾・岳明小学校の児童20人を学校に招いた。6年生50人が一緒に福笑いや折り紙、竹とんぼなど昔ながらの遊びを楽しんだ。福笑いでは、目隠しをして顔の輪郭の写真の上に目や鼻、口の部分の切り抜きを置いていき、変な顔になると、一斉に笑い声が響いた。児童らは、岳明小の児童の名前を紙にひらがなで書いてプレゼントし…

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文711文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 無党派層からの支持、大野氏は6割 青島氏は3割 埼玉知事選出口調査

  3. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  4. 国民・大野参院議員 埼玉県知事選出馬へ 離党し無所属で

  5. 上田知事「埼玉県は強い」 「翔んで埼玉」出演陣が「ディスりを謝罪」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです