メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

20世紀初頭のデザイナー、フォルチュニの企画展 東京で10月まで /東京

公式図録

[PR]

 <毎日新聞からのお知らせ>

     「マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン」展(毎日新聞社など主催)を10月6日(日)まで、東京・丸の内の三菱一号館美術館で開催しています。

     20世紀初頭に活躍したファッションデザイナー、マリアノ・フォルチュニ。ドレスなどの服飾品はもとより、絵画、版画、写真、舞台関連作品など幅広い分野で作品を残しました。伊ベネチア・フォルチュニ美術館の全面協力のもと、海外作品はすべて日本初公開。国内外の所蔵先から約30点のドレスを集め、フォルチュニを象徴するデルフォスドレスは複数展示します。繊細な絹のプリーツを間近で鑑賞できます。

     <会期>10月6日(日)まで。月曜休館。ただし祝日・振り替え休日の場合と、8月26日(トークフリーデー)、9月30日は開館<会場>三菱一号館美術館(東京都千代田区丸の内2の6の2)<入館券>一般1700円▽高大生1000円▽小中生500円<問い合わせ>ハローダイヤル(03・5777・8600 https://mimt.jp/fortuny/)

     ◆図録販売サイト「まいにち書房」でも公式図録を販売中。フォルチュニに関する染織・服飾用語集なども収録、資料性の高い1冊です。2315円(税抜き、送料別)。https://www.mainichi.store/items/21364309

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

    2. 武漢滞在の日本人にチャーター機準備へ 新型肺炎で政府

    3. 横浜市長「IR誘致、ぼろくそに言われている」 市内会合でこぼす

    4. 亡き2人にささげる初優勝 徳勝龍、恩師は近大時代の監督と北の湖

    5. 副業に励む医学部教授ら 国公立の15人に製薬マネー1000万円超 18年度

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです