メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

麺食い・列島味便り

冷たい肉そば 山形県河北町 鶏のうまみ、麺に染み

トッピングはネギと親鳥だけとシンプルな冷たい肉そば=山形県河北町の一寸亭本店で

 山形はラーメンや日本そばなど麺好きが多い。しかも、雪国ながら夏は暑く、内陸の盆地ではかつて「最高気温日本一」の記録を長く保持した。そのためか山形には夏にぴったりな冷たい麺料理がいくつもある。「これがないと、そば屋ははやらない」。最近そう言われるのが県中央部に位置する河北町の「冷たい肉そば」だ。

 その発祥は大正時代とされる。馬肉の甘辛い煮込み汁を冷たいそばにかけて食べたことが始まりとも、そばにのった鶏肉をつまみに酒を飲むために麺が伸びないよう冷たくしたとも言われる。戦後、町には養鶏場が複数あり、卵を産んだ後の親鳥の肉が使われた。町内では現在13店舗で提供されている。

 鶏だしが利いたしょうゆベースのつゆに、コシのある田舎そばが基本だ。トッピングは歯ごたえのある親鳥も…

この記事は有料記事です。

残り998文字(全文1334文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

  3. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  4. 橿原の男性焼死 傷害容疑で火元の部屋の20歳男を逮捕 奈良県警

  5. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです