メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
麺食い・列島味便り

冷たい肉そば 山形県河北町 鶏のうまみ、麺に染み

トッピングはネギと親鳥だけとシンプルな冷たい肉そば=山形県河北町の一寸亭本店で

 山形はラーメンや日本そばなど麺好きが多い。しかも、雪国ながら夏は暑く、内陸の盆地ではかつて「最高気温日本一」の記録を長く保持した。そのためか山形には夏にぴったりな冷たい麺料理がいくつもある。「これがないと、そば屋ははやらない」。最近そう言われるのが県中央部に位置する河北町の「冷たい肉そば」だ。

 その発祥は大正時代とされる。馬肉の甘辛い煮込み汁を冷たいそばにかけて食べたことが始まりとも、そばにのった鶏肉をつまみに酒を飲むために麺が伸びないよう冷たくしたとも言われる。戦後、町には養鶏場が複数あり、卵を産んだ後の親鳥の肉が使われた。町内では現在13店舗で提供されている。

 鶏だしが利いたしょうゆベースのつゆに、コシのある田舎そばが基本だ。トッピングは歯ごたえのある親鳥も…

この記事は有料記事です。

残り998文字(全文1334文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. ことば 軍事情報包括保護協定(GSOMIA)

  4. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  5. 米政府、異例の「失望」声明 韓国GSOMIA破棄に改善促す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです