メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豪雨災害から1年

関市のいま/上 200枚売れた「被災服」 倉庫で雑貨店再開…吉田耕治社長 /岐阜

自社のプライベートブランド「ゆずクリーム」の販売で再起を目指す吉田耕治さん=関市上之保で2019年7月2日、沼田亮撮影

 「もう終わったな」。関市上之保の雑貨店「マルヘイ」社長の吉田耕治さん(55)は豪雨が過ぎ去った昨年7月8日午前、自宅がある各務原市から店舗に駆け付けた。がくぜんとした。濁流で流された商品と壊れた壁。4代目社長として引き継いだ店は、一夜にして変わり果てた姿となった。

 吉田さんは店舗販売だけではなく、化粧品などの卸売業も営む。生活のため、携帯電話一つで卸売りの仕事を続けながら、散らかった店舗の片付けに明け暮れた。仕事仲間やボランティアの協力が何よりありがたかった。

 罹災(りさい)証明書では「床上浸水」となったが、店舗に対する義援金の支給はなく、資金援助は関市東商工会からの2万円のみ。水につかったたばこや酒など、売り物にならない商品も多かった。

この記事は有料記事です。

残り858文字(全文1182文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 光を放つ800系 公募「願いごと」を装飾 九州新幹線全線開業10年で特別運行

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. コロナ刑事罰削除で与野党合意 懲役刑、罰金刑ともに 感染症法改正案

  5. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです