メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発行

「妻木城跡御城印」 城址の会「登城の証しに」 土岐 /岐阜

「妻木城跡御城印」を発行した妻木城址の会の皆さん=岐阜県土岐市妻木町の妻木八幡神社で

 土岐市妻木町の妻木城址(じょうし)の会が、土岐明智氏ゆかりの「妻木城跡御城印」を発行した。妻木城は戦国武将・明智光秀の伯父にあたる妻木広忠の本拠地。光秀の妻が江戸時代の書物に「妻木範熙(のりひろ)の女」として出てくることから、城址の会はNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(2020年放送)の主人公・明智光秀に縁が深いとして、登城記念として販売する。

 御城印は和紙に朱色で妻木氏の桔梗(ききょう)紋を入れ、筆で「濃州土岐郡 岐阜県指定史跡 妻木城跡」…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文482文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  3. 教諭が陸上部合宿中に女子生徒にわいせつ 兵庫・小野 教諭は行方不明

  4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

  5. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです