小林工業

おしゃれなたき火台開発 富士宮 /静岡

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
3種類のたき火台を並べて説明する小林工業の土屋鋭二さん=静岡県富士宮市で
3種類のたき火台を並べて説明する小林工業の土屋鋭二さん=静岡県富士宮市で

 自動車部品などを製造する富士宮市の「小林工業」(小林俊夫社長)が、アウトドアブランド「ANCAM(アナキャン)」を設立し、キャンプなどで使うおしゃれなたき火台を開発した。市のふるさと納税の返礼品にもなっている。

 4~6枚のステンレスプレートを組み立てる形式でサイズは3種類。たき火台は四角や三角形などが多いが、プレ…

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文395文字)

あわせて読みたい

注目の特集