メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
落語

「伊勢松坂扇屋怪談」 松阪の落語家、桂文我さん口演 四日市で17日 /三重

 伊勢松阪を舞台に繰り広げられる人間模様と悲劇を描いた落語「伊勢松坂扇屋怪談」を松阪市在住の落語家、桂文我さん(58)が県内で約10年ぶりに口演する。文我さん以外に演じ手がいない珍品。お盆シーズンに合わせて17日に近鉄アートホール(近鉄四日市駅前)で上方落語家4人が出演する特別興行落語会「怪談噺を集めて」で高座にかける。【尾崎稔裕】

 伊勢参りの往復道中の様子を面白おかしく描いた古典落語はいくつもあるが、伊勢や松阪を舞台にした演目は…

この記事は有料記事です。

残り792文字(全文1009文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  2. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  3. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  4. 水質は最悪の「レベル4」 パラトライアスロンW杯スイム中止

  5. 逆走して急接近 「あおり運転」容疑で会社員逮捕 愛知県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです