台風10号

県内、あす昼にも最接近 「避難勧告に注意を」 /香川

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 超大型の台風10号は13日午前9時現在、種子島の南東約550キロを北西方向へゆっくりと進んでいる。高松地方気象台によると15日に四国に接近、上陸する恐れがあり、県内には同日昼すぎから夕方に最も接近する見込み。台風の進み方が遅く、進路も「香川県にとって最も危険なコース」といい、気象台は警戒を呼びかけている。

 気象台によると台風10号は強い勢力を保ったまま四国に接近する。県内では14日未明から風が強まり、15日には最大瞬間風速が30メートル以上の猛烈な風が吹く恐れがある。雨も14日昼前から降り始め、14日正午からの24時間雨量は多いところで100~200ミリの予想。16日も雨が降り続き、降り始めからの雨量は多いところで300~500ミリになる見込み。県内で初めてとなる大雨特別警報発令の可能性もあるとい…

この記事は有料記事です。

残り120文字(全文474文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集