メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

夏山登山、中高年の注意点は? 過信禁物、持病リスク 診療所を当てにしない=回答・熊谷豪

けがをした登山者の足の処置をする医師=西穂高診療所運営委員会提供

 なるほドリ 夏山登山が真っ盛りだね。でも、事故が相次いでいるよ。

 記者 ロープウエーなどが整備され、標高(ひょうこう)の高い日本アルプスなどの登山も身近なレジャーになりました。中高年の人も多く楽しんでいます。北アルプスにある西穂高(にしほたか)診療所の運営委員長、藤岡俊樹(ふじおかとしき)東邦大医学部教授によると、近年は滑落(かつらく)による骨折などのけがよりも、市中と同様の内科系の病気が目立つそうです。登山中、狭心症(きょうしんしょう)や前立腺肥大(ぜんりつせんひだい)などの持病が悪化した例があります。備えも必要です。

この記事は有料記事です。

残り420文字(全文684文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  2. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  3. ORICON NEWS 川栄李奈が第1子出産を報告「毎日に幸せを感じております」 廣瀬智紀パパに!

  4. ORICON NEWS 優香、第1子を妊娠 来年春に出産予定 青木崇高がパパに

  5. 東京五輪、空手マットを1円落札 組織委、金額伏せる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです