メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

「ザ・カブキ」ウィーン公演を取材 バレエも「クールジャパン」=斉藤希史子(東京学芸部)

「ザ・カブキ」終演後、主演の秋元康臣さん(中央左)や奈良春夏さん(同右)らをねぎらう斎藤友佳理・東京バレエ団芸術監督(左)=ウィーン国立歌劇場で7月3日、斉藤希史子撮影

 「あなたは日本人か。お国の文化は素晴らしい」。隣席の女性が興奮気味に声を掛けてきた。ウィーン国立歌劇場の2階席。舞台では「ザ・カブキ」の公演を終えた東京バレエ団の面々が、カーテンコールに応えている。女性に笑顔を返しながら「誇るべきその文化を、日本は生かしきれているだろうか」と、自問せずにいられなかった。世界の殿堂で喝采を浴びている同団は、国内には本拠となる劇場すら持たないからである。

この記事は有料記事です。

残り1853文字(全文2047文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 自公、幹部の銀座クラブ出入りで危機感 野党「店罰して議員罰しないのは言語道断」

  4. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

  5. 記者のこだわり 他殺か、中毒死か ピンクに染まった遺体の歯は何を語っているのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです