メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
記者の目

「ザ・カブキ」ウィーン公演を取材 バレエも「クールジャパン」=斉藤希史子(東京学芸部)

「ザ・カブキ」終演後、主演の秋元康臣さん(中央左)や奈良春夏さん(同右)らをねぎらう斎藤友佳理・東京バレエ団芸術監督(左)=ウィーン国立歌劇場で7月3日、斉藤希史子撮影

 「あなたは日本人か。お国の文化は素晴らしい」。隣席の女性が興奮気味に声を掛けてきた。ウィーン国立歌劇場の2階席。舞台では「ザ・カブキ」の公演を終えた東京バレエ団の面々が、カーテンコールに応えている。女性に笑顔を返しながら「誇るべきその文化を、日本は生かしきれているだろうか」と、自問せずにいられなかった。世界の殿堂で喝采を浴びている同団は、国内には本拠となる劇場すら持たないからである。

この記事は有料記事です。

残り1853文字(全文2047文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 炎上事故2人死亡 衝突した車運転の男をひき逃げ容疑などで逮捕 栃木・鹿沼

  2. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  3. ASKAさん 封印していた「チャゲアス、19年前のソウルコンサート」 今DVD化する理由を語る

  4. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  5. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです