メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
くらしナビ・環境

コーヒー栽培適地、半減恐れ インドネシアの農地を見る

 近年の気候変動の影響で、コーヒーの栽培適地が世界で半減してしまう「コーヒー2050年問題」への危機感が広がっている。アジアの一大産地、インドネシア・スラウェシ島のトラジャ地方で、生産を守る取り組みを取材した。

 ●天候不順に悩み

 7月下旬、山間地域のトラジャ地方で「キーコーヒー」(東京都港区)が直営する「パダマラン農園」(530ヘクタール)を訪ねた。首都ジャカルタから飛行機でスラウェシ島の中心街マカッサルまで2時間半、さらに車で10時間。農園は標高約1000メートルにあり、早朝の気温は約16度と肌寒く、山あいに雲海が広がる。

 ここでコーヒー生産に約30年携わる農園長のイサック・デンダンさん(51)は近年、天候不順に頭を悩ま…

この記事は有料記事です。

残り1321文字(全文1636文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  2. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  3. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  4. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

  5. 陸自試験で集団カンニング、45人停職 教官漏えい、写真撮りスマホで同僚に拡散

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです