メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山は博物館

それは戦時下だった/17 伐採を免れた丹沢の森

陸軍の伐採を拒否した結果、大木が残る丹沢・札掛の森

 <くらしナビ・環境>

 神奈川県庁の旧林務課に一つの伝説がある。軍の命令が絶対だった戦時中、軍用材にするため陸軍が丹沢山地・札掛(ふだかけ)地区の県有林を切ろうとすると、当時の林務課長が頑として拒否したというのだ。軍刀をちらつかされても態度を変えなかったとされる。その山林は今、県の天然記念物などに指定され、モミを中心に大木が茂る森として残っている。

 札掛の森は名峰・大山(おおやま)(1252メートル)の北約3・5キロ、標高500メートル辺りの清川…

この記事は有料記事です。

残り1467文字(全文1692文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  2. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  3. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  4. 「おごりが出ている。あれだけやったら中止にもなる」首相地元の苦悩

  5. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです