メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
くらしの明日

私の社会保障論 当事者研究の仮説検証=東京大先端科学技術研究センター・熊谷晋一郎

他分野との協働が重要

 本人の困りごとを探求する当事者研究は個人の体験に基づいているが、そこから導き出された仮説を、他の学術分野と協働した実証実験で検証することにも取り組んでいる。

 例えば、自閉スペクトラム症(ASD)の当事者がよく指摘する、対人的な距離感の違い。前回紹介した当事者の綾屋紗月さんは、幼稚園のころから「周りと自分の間に透明な分厚いガラスの板がある」と感じていたという。一方で、友だちが駆け寄ってきて「遊ぼう」と言うと、ガラスの板が消え、猛烈な光と音、情報の刺激が入ってくる。「他人」の進入を不快に感じる「パーソナルスペース」が他の人とは違うのではないかという仮説を立て、検証した。

 用いたのは、検査者が徐々に近づいた時に、不快だと感じた距離で合図をしてもらう心理学で用いられる「ス…

この記事は有料記事です。

残り778文字(全文1125文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 半導体材料輸出規制 動き鈍い韓国 日本の「本気度」を突き付ける

  3. 対韓輸出規制 半導体「3カ月限界」 日本の規制強化で 朝鮮日報報道

  4. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  5. 首相「WTOに反しない。徴用工は歴史問題ではない」 対韓輸出規制で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです