メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしの明日

私の社会保障論 当事者研究の仮説検証=東京大先端科学技術研究センター・熊谷晋一郎

他分野との協働が重要

 本人の困りごとを探求する当事者研究は個人の体験に基づいているが、そこから導き出された仮説を、他の学術分野と協働した実証実験で検証することにも取り組んでいる。

 例えば、自閉スペクトラム症(ASD)の当事者がよく指摘する、対人的な距離感の違い。前回紹介した当事者の綾屋紗月さんは、幼稚園のころから「周りと自分の間に透明な分厚いガラスの板がある」と感じていたという。一方で、友だちが駆け寄ってきて「遊ぼう」と言うと、ガラスの板が消え、猛烈な光と音、情報の刺激が入ってくる。「他人」の進入を不快に感じる「パーソナルスペース」が他の人とは違うのではないかという仮説を立て、検証した。

 用いたのは、検査者が徐々に近づいた時に、不快だと感じた距離で合図をしてもらう心理学で用いられる「ストップ・ディスタンス法」。「視線を合わせているかいないか」「相手が近づいてくるのか、自分が近づいていくのか」など状況設定を変えて実験したが、ASDの子どもはそうでない子どもに比べ、いずれもパーソナルスペースが狭かった。

この記事は有料記事です。

残り669文字(全文1125文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヤマハ「SR400」、国内向け生産終了へ 排ガス規制対応できず

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

  4. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  5. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです