メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
月刊相撲

若手出世争い、台頭は? 友風、名古屋で名乗り

大相撲名古屋場所13日目、横綱・鶴竜(右)をはたき込みで破った友風=兵藤公治撮影

 角番の貴景勝や返り咲いたばかりの栃ノ心ら4大関全員が休場する異例の事態となった大相撲名古屋場所で、新たに注目を集めたのが幕内わずか3場所目の友風だ。優勝した鶴竜にただ一人土を付けるなど11勝し、殊勲賞を受賞した。

 一方、昨年名古屋場所を制した御嶽海、同九州場所の貴景勝、今年夏場所の朝乃山と新鋭・若手が相次いで初優勝を遂げたが、白鵬、鶴竜の両横綱を脅かすまでには成長できていない現実もある。いつ、だれが、次代の真の主役に名乗りを上げるか。【村社拓信】

 友風は川崎市出身でピアノ演奏が得意な24歳。名古屋場所13日目に、初日から12連勝の鶴竜と対戦した…

この記事は有料記事です。

残り1618文字(全文1894文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水質は最悪の「レベル4」 パラトライアスロンW杯スイム中止

  2. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  3. 時代の風 「嫌韓」とは何なのか 国益なきストレス解消=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

  4. NEWSの窓 国際 日本と韓国 関係悪化、影響広がる

  5. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです