メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊相撲

大相撲・技あり! はず押し 小柄生かす武器

名古屋場所9日目、栃煌山(左)を押し出しで破る照強。左を差さずにハズで押している分。相手はまわしに手が届かない=兵藤公治撮影

 大相撲名古屋場所では身長169センチ、体重116キロの照強が幕尻の西前頭16枚目で12勝を挙げ、敢闘賞を獲得した。光ったのは身長も体重も幕内で2番目に低くて軽い体を生かした「はず押し」だ。

 「はず」とは親指と他の4本の指をY字形に開き、その手のひらを相手の脇の下や脇腹に当てる相撲の形。この形で下から押し上げて相手の体を浮かしたり、上体を起こしたりして出る。弓の弦をつがえるための矢の最後部の切り込みを「矢筈(やはず)」といい、開いた手の形が似ているため、この名がついた。

 際立ったのは、12日目の妙義龍戦だ。三役経験者の妙義龍も、はず押しの名手。立ち合いから押し込まれた…

この記事は有料記事です。

残り441文字(全文728文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性刺殺事件、直前の容疑者写真公開 グレーのハーフコート、新潟駅周辺で撮影

  2. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  3. 新潟女性殺害 複数箇所刺され失血死 「合唱部で活躍」同級生惜しむ

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです