連載

月刊相撲

大相撲の話題をたっぷりお届け。話題の力士のロングインタビューやおかみさんのリレーコラムも。

連載一覧

月刊相撲

待ったなし 揺らぐ大関の権威=武藤久

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 大関の不振が目につくなかで名古屋場所では4人そろって休場した。4大関が土俵から姿を消したのは昭和以降では初めての珍事だった。

 貴景勝は初日からの休場で陥落が決定。栃ノ心に加えて豪栄道まで黒星先行で途中休場。残った高安もなんとか勝ち越しを決めたものの白鵬戦を前にして脱落した。横綱とともに優勝を争う地位なのだが、2017年初場所の稀勢の里以来、大関陣は賜杯を手にしていない。

 貴景勝は新大関だった夏場所の御嶽海戦で押し込めず組んでから右膝を痛めた。「押し相撲が組んで出ると変なところに力が入ってけがをする。いまはみんな体が大きくなっているからけがはひどくなるし、治りにくくなる」と鳴戸親方(元大関・琴欧洲)。見立て通りになってしまった。栃ノ心、豪栄道は古傷の再発。高安は左肘の靱帯(じんたい)断裂の重傷だった。左を差しにいって玉鷲に思い切り振られた。「棒差しに出たら簡単に玉…

この記事は有料記事です。

残り750文字(全文1137文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集