メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊相撲

待ったなし 揺らぐ大関の権威=武藤久

 大関の不振が目につくなかで名古屋場所では4人そろって休場した。4大関が土俵から姿を消したのは昭和以降では初めての珍事だった。

 貴景勝は初日からの休場で陥落が決定。栃ノ心に加えて豪栄道まで黒星先行で途中休場。残った高安もなんとか勝ち越しを決めたものの白鵬戦を前にして脱落した。横綱とともに優勝を争う地位なのだが、2017年初場所の稀勢の里以来、大関陣は賜杯を手にしていない。

 貴景勝は新大関だった夏場所の御嶽海戦で押し込めず組んでから右膝を痛めた。「押し相撲が組んで出ると変…

この記事は有料記事です。

残り900文字(全文1137文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  2. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  3. 最長政権 /4 正念場の領土、拉致

  4. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  5. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです