メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島・浪江で酒造り始動 山形へ避難の蔵、2年後目標

 東日本大震災の津波で福島県浪江町の酒蔵を流され、山形県で醸造を続ける鈴木酒造店が、2年後に浪江で酒造りを再開しようと社員を募集している。今秋から山形で働いてもらう。町の一部は東京電力福島第1原発事故の避難指示が続くが、鈴木大介社長(46)は浪江産米だけを使った酒を造り風評被害の払拭(ふっしょく)に努めたいと考えている。【高橋隆輔】

 鈴木酒造店は、港町で知られる同町請戸(うけど)地区で江戸時代から続く老舗だ。代表銘柄として知られる…

この記事は有料記事です。

残り776文字(全文993文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

  2. 「桜を見る会の『さ』の字もカジノ汚職の『か』の字もない」首相演説に沸き立つ疑問

  3. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  4. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  5. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです