メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇室

天皇陛下、あす初の戦没者追悼式 平和の尊さ思い

 「終戦の日」の15日、天皇陛下は日本武道館(東京都千代田区)で開かれる政府主催の全国戦没者追悼式に初めて出席される。陛下は即位前から折に触れ平和への思いを明らかにし、遺族らとの懇談などを通じて戦争の傷痕と向き合ってきた。戦後生まれの陛下による式典でのおことばにも注目が集まる。

 「広島、長崎、沖縄を訪れ、多くの方々の苦難を心に刻んできました」。戦後70年の2015年、陛下は誕生日に伴う記者会見でこう述べた。幼い頃から上皇ご夫妻から戦時中の話を聞き、広島や長崎、沖縄などで犠牲者を追悼してきた。

 皇太子時代の1992年、献血関連の行事で広島を訪れた際に広島赤十字・原爆病院を慰問した。被爆入院患者らを「お具合はどうですか」などといたわった。看護副部長だった阿部直美さん(74)は「体を起こせない患者さんには腰を落として声をかけていた」と振り返る。

この記事は有料記事です。

残り741文字(全文1115文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  2. 8日以降臨時休業の店も 先行きに不安の声広がる 緊急事態宣言対象の福岡県

  3. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  4. ライブハウス自粛影響調査 困窮浮き彫り 札幌のバンド有志「他業種が声上げるきっかけに」

  5. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです